Information

家具のこと - B&B ③ -2016.7.14

536

538 537

バランスの良さ、線の細さ、小口の仕上げ、角のアール・・・。

収納という『用』に、『美』が加わります。

デザインのある家具は、人や空間には、『要』な存在となります。

533  534

 

この脚!

k様邸のダイニングテーブルはいまイタリアで特注されています。

ドキドキしながら待っています。

なんと半年ほどかかる・・・お引渡しに間に合いませんが、待ちます!


577

 

 565


569

  ソファの後ろにこんなコーナー!

『ひと』と『もの』、暮らす時間・・・自由に、もっと自由に。

 584

 

594

 なんて華やかなシャンデリア。

586

  縦に、流れるように配置されたシャンデリア。視線を上へと繋ぎます。

彩りの灯り。

LEDの小型で長寿命、熱を感じさせない灯りは、デザインの幅を広げています。

598

 ちなみに、このキューブも照明器具です。

光が灯って、はじめてスタンドなんだと気づく・・・そんな驚き、いいな。

 585

 ここかしこに、スマートなスタッフが何気なく仕事に集中しています。

絵になります。(オブジェのひとつかな?)

570

 クローゼットシステム家具の仕上げの豪華さ。

なんと革張りの棚板、間接照明(ライン照明)がクローゼットの中まで施されていました。

 575

もちろんデスクカウンターにも革が使用されています。

ただ、クローゼットの中の革の特有の香りが気になりましたが・・・。

とにかくその特別な贅沢さに、見とれました。

601

お客様と時間差で訪れた、東京 B&B ショールーム。

時間を忘れて、家具に魅了された幸せな時間でした。

松山でこれだけの家具をご覧いただけないのが本当に残念です。

ご案内くださった担当者の後藤さん、ありがとうございました。

 

back