Information

K様邸のこと(1)2016.9.30

ご新築のマンションの内部の設計変更から関わらせていただいていたK様邸。

先日ご新築マンションも完成し、お引渡しとなりました。

設計変更の内容決定の締め切りは、半年ほど前の2016年3月でした。

K様とお目にかかったのが2015年11月。

11月から翌年の3月までの4か月、長いようですがあっという間の時間。

若いご夫妻は、ともにお忙しく、お打合せのお時間の調整がなかなかむつかしい環境の中、

夜のお食事の時間、たまのお休みの土日の空き時間、ご一緒にショールーム巡り・・・

なんとか隙間時間を見つけては、打ち合わせを重ねました。

平面プランの変更、壁や床材などの内装変更、アクセントタイル貼りのデザイン、

造作家具提案、間接照明を含む照明手法の提案、SWやコンセント位置の検討・・・。

マンション施工会社が工事をお引渡しまでに終わらせるために、これらの内容を期限までにまとめなければなりません。

 

資料を作成し、マンション施工会社と何度も打合せ説明。

設計変更通りにマンション工事は進んで、そしてとうとう、8月末の内覧会。

内覧会チェックは、設計変更確認作業も含めて3回にも及びました。

鍵のお引渡し後、ついにご依頼くださったインテリア工事。それが9月24日・26日。

写真は、まだちゃんと撮影出来ていませんが、

サイト掲載の許可を頂戴しましたので、またご覧ください。

昨日、K様から嬉しいメールを頂戴しました。

 

『東さんと出会えて、自分達が思い描くマイホームを形にしていただけて、心から感謝しています。

あの時東さんと出会えて良かったねとよく主人とよく話しています。

こだわりが強く、また日程も合わせていただくばかりの私たちに1年間お付き合いしていただいて、本当にありがとうございました!!

東さんから、インテリアについてたくさん教えていただいて、すこしずつ新しいことを学べることも楽しみの一つでした。

部屋のそれぞれの箇所、それぞれの家具に、一緒に悩んで話し合って選んだ過程があって思い出いっぱいの我が家です。

残すところあとダイニングテーブルですね!楽しみすぎます。』

 

ご感想を頂戴出来て、私はほっとしています。

新しい住まいをあれこれ考える、一緒にその時間を過ごしていただくこと、

そんな時間の積み重ねも、楽しんでいただけたとしたら、本当に幸せです。

お客様であるT様のご紹介でお目にかかれたK様です。

素晴らしいご縁をありがとうございました。繋がっていくご縁に感謝です。

あと2、3週間で、ダイニングテーブルが届きます。

 

back