Information

母のこと2018.2.23

昨年夏、母がラクナ脳梗塞で入院しました。

2週間の急性期リハビリ、4か月ほどの回復期リハビリ。

神経内科の先生、看護士、理学療法士、作業療法士の皆様に支えられました。

そして地域介護連携のご担当者、経験豊富なケアマネージャーの方々に見守られ、

91歳の母は、生活リハビリを継続しながら、自宅に戻り、昨年末からいまも独居生活がんばっています。

 

実家を改装したのは、14年前でした。

母が一人で生活できるよう、段差解消し、床暖房を整えました。

お風呂やトイレ、キッチンも安心して日々の生活を楽しめるように。

動線もコンパクトにまとめ、車いすでも移動できる空間に。

介護色を出し過ぎず、さりげなく・・・と準備だけしていたつもりです。

 

退院。慣れた住まいに帰る『喜び』と『不安』は同時に感じます。

どうしてもしかたのない身体の変化に、不安もいっぱになったり、大丈夫だという自信も揺らいだり・・・。

そんな気持ちがいったりきたり。

娘として、住環境に関わるものとして、母の環境について考え、取り組んでいる間に、

いろいろな気づきをいただきました。

 

年齢を重ねることは、衰える悲しさや不安はあるけれど、

これまでの人生に、しっかりプライドを持ち続けることの大切さ。

腹をくくって、自分を受け入れる強さ。

これからの生活も楽しもうとする強さ。

そんな気持ちを応援し、一緒に楽しもうと寄り添うべき家族。

『住まい』はその道具。

状況、状態によって臨機応変に整え、支える器です。

私の一歩前を行く母に、勉強させていただいています。

back