Information

小松K様邸2019.3.18

P1030088

小松K様邸ご改装工事。

玄関ホールから廊下部分です。

この日は、大工さん、電気設備、給排水設備、特注キッチン取付の方々がひしめき合う感じ。

皆様それぞれが工事完成に向けて力を合わせてくださいます。

 

そしてついに、改装工事完了になりました。

 

片側は真壁の塗り壁と片側は押入れ(奥行が深い仕上げ)でした。

押入れは、リビング側からの冷蔵庫スペースとなり、廊下側からは奥行の浅い収納スペースとなりました。

P1030116

 

P1030108

 

 

P1030147

廊下から、天井までの背の高い引き戸を開ければ、キッチンへと繋がります。

P1030136

 

 

P1030137

 

キッチンの壁はメンテナンス性の良いキッチンパネルを使用。

陶板調の表情豊かなもので、K様のお気に入り。(写真ではわかりにくいです・・・。)

 

P1030146

 

P1030127

 

垂れ壁と柱は既存のまま。

 前にあったキッチンカウンターは、取り外されましたが、

K様ご家族とともに暮らした、立派なカウンター材は、形を変えTV台となりました。

おきた建築の沖田社長製作です。心のこもった家具です。

新しい部材と、懐かしい『木』の名残が、見事に融合されて。

そんな繋がりの嬉しい心遣いの匠。流石です。

(残念なことにお写真を撮り損ねてしまいました。)

 

ステンレスのモダンなカウンタ―キッチン。奥行も深く、ひろく。山田別注ステンレスさんのお仕事です。

プロの厨房のように、使いやすく、収納も充実。スマートな仕上がりです。

思う存分、作業が出来そうです。

きっと手作りパンのいい香りが漂うはず。

包丁のリズミカルな音や、炒める活気のある食材の踊りも・・・

キッチンは女子にはある意味『舞台』。

ご家族にとっては、幸せな時間の源です。

 

キッチンからスタートしたご改装のご依頼でした。

キッチンは『暮らし』の中心。家族の中心だと思います。

K様ご家族の美味しい時間が、たくさんありますように願っています。

関わらせていただき、ありがとうございました。

無事務めを果たせていたとしたら、嬉しいです。

back