ながれ。


フロー図
仕事をお受けする時、大切にしているもの。

仕事をお受けする時、大切にしているもの。

ご依頼をお受けする時、いつも立ち返る原点は
お客様の「建物や部屋をつくる」のではなく
「暮らしをつくる」お手伝いをする、ということです。

結果的に、モノである「建物や部屋」をつくっているのですが
デザインやプランの中心は、常に「暮らす人」にあります。

つまり間取図や収納量から入るのではなく
誰がどんな使い方をしたいのか、いつどのように出かけて帰るかなど
日々の生活やご希望の暮らしをおうかがいすることが、
アトリエ ソウの仕事のはじまりです。

ご家族が使う時間帯や季節、おひとりおひとりの動線や視線など
多様に重なりあったものが、一言で言えば「暮らし」。
「今をほどいていく」作業と「未来を組み立てていく」作業が
ワークフローの大きな柱となります。

ですから、新築のお住まいでも、リフォームでも
店舗でも、オフィスであっても、スタートは同じ。
住まい手の今と未来を紐解いていく、お客様との会話の中にこそ
新しい空間をつくる解決のヒントや答えがちりばめられています。

どうぞ、ゆったりとした大らかなお気持ちで
ちいさいこと、おおきいこと、お気兼ねなくお話しください。